幼児期には2度チャンスがある

ヨウジキニハニドチャンスガアルフッカツスルコドモタチ
幼児期には2度チャンスがある
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「子育てに失敗した」とあきらめないで!まだ間に合う注目の“実践幼児教育”
どんなに荒れていた子どもも必ず「復活」させる

「学級崩壊」に対し、幼児教育が初めて打ち出した提言
幼児前期(0~3歳)は子どもにとって最も大切な時期。しかし、ここで逸脱発育しても、次の幼児後期(3~6歳)で修正するチャンスがある。これを逃した子どもたちが、いま小学校で荒れている。モンテッソーリは、「自分で選び、見通しを立てて実行し、そのことに責任をとる」道筋を示し、そのための教育方法を編み出した。これによって幼児の中に生まれる力こそ、総合学習の時代に実力を発揮し、「学級崩壊」を防止するのだ。

製品情報

製品名 幼児期には2度チャンスがある
著者名 著:相良 敦子
発売日 1999年12月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-207969-3
判型 四六
ページ数 272ページ

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス