平和の芽

ヘイワノメカタリツグゲンバク・ヌマタスズコモノガタリ
平和の芽
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1945年8月6日。ここ広島市に原子爆弾が落とされました。その原爆は、過去の長い戦争の歴史のなかで、もっともおそろしい爆弾でした。熱線、爆風、放射能……。たったひとつの爆弾で、およそ14万人もの人が命をうしなったのです。美しかった広島の街はいちめん焼け野原となり、見わたすかぎり、死の世界が広がりました。
爆弾で傷つくことや、体に有害な放射能をあびることを「被爆」といいます。しかし、原爆が落とされた8月6日をさかいに、「被爆」といえば、世界じゅうのだれもが、まっさきに「原子爆弾による被害」を思いうかべるようになりました。それほどまでに、原爆の威力はおそろしく、そして、人間がおかしたもっともおろかな行いのひとつとして、歴史に深くきざみこまれることになったのです。――はじめにより

製品情報

製品名 平和の芽
著者名 著:横山 秀夫
発売日 1995年07月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-207690-6
判型 A5
ページ数 239ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス