高杉晋作(下)

文芸(単行本)
タカスギシンサク
高杉晋作(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

《限りなく哀れな生死》
薩摩土佐、ともに美しからず!日本の国際化する瞬間に着目し、忠臣蔵をしのぐダイナミックな歴史と傑出した個人を描く傑作!

居間と客間と、わずか2部屋の狭い家に2人は起居を共にした。滞留が7日8日と過ぎた頃、布団を並べて寝た望東尼(もとに)は、晋作に問いかけた。「筑紫の旅で、何か得るところがありましたか」「さよう……世間、というものを知ったことかな」「世間の冷たさ、でしょうか」晋作は寝返りをうった。望東尼の白い顔が闇の向こうにあった。「世間を相手に一喜一憂しても始まらない。要は時勢を動かすこと。世間は長州の勢いで動く」望東尼は、晋作を見つめていた。この絶望の底で、何という不敵な……。──人は困ってはいけない。困ったと思うだけで何の考えも浮かばなくなる。人の仕出かした事態が、人の智恵で打開できぬ筈がない。「では……あなたも、死物狂いなのですね」──本文から

製品情報

製品名 高杉晋作(下)
著者名 著:池宮 彰一郎
発売日 1994年11月14日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-207364-6
判型 四六
ページ数 262ページ