老いと死から逃げない生き方

オイトシカラニゲナイイキカタ
老いと死から逃げない生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

老いと死、それは人間のエゴを赤裸にする。
老人医療最前線の名医が綴る実践的生き方・死に方論!

一般に、年をとるということは、生きる条件が日を追って悪くなることを指し、今日が最もいい状態であることなのです。(中略)それゆえ、老人には、弱い、衰えた、不健康な、寝たきり、ボケ、老残、老醜、役立たず、用ずみの厄介者、傍迷惑な存在などという、概して、暗くて否定的なマイナスイメージがつきまといがちです。(中略)
老いとは、本当にそんなにマイナス面ばかりなのでしょうか。生まれたものが成長して、時間を経て古くなるのはごく自然であって、とくに異常でも何でもないと思うのです。――(本文より抜粋)

目次

  • 第1章 相容れない「老い」と「健やかさ」
  • 第2章 老いじたく
  • 第3章 現代お年寄り事情
  • 第4章 ひとりを生きる、ひとりで生きる
  • 第5章 死にざまは自分で決める

製品情報

製品名 老いと死から逃げない生き方
著者名 著:中村 仁一 装丁:岸 顯樹郎
発売日 1994年02月16日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-206907-6
判型 四六
ページ数 238ページ