古典落語

コテンラクゴ
編:講談社 装画:山藤 章二
古典落語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お馴染みの熊さん、八つぁん、ご隠居さん、そして与太郎など落語国の住人と笑いの醍醐味をお楽しみ下さい。

落語の魅力は、その庶民性と日常性にある。庶民的な人情の機微にふれ、日常のリアリズムに立脚しながら、笑うものが笑われ、笑いが笑われるところに、落語の魅力がある。しかもながい歴史の中で、くり返し上演されることで「芸」としての型を創造してきたところに落語のおもしろみが存在する。人間生活に密着した笑いを介して、庶民はそこに自分たちと同じ人間を見出し、しみじみした共感を覚えるのである。私たちは、この落語国の人々と親しくつき合いながら、そこにみずからの分身を見、隣人を見る思いにとらえられる。そして笑いの醍醐味を心から味わうことができるのだ。私もこの落語国の住人たちと心をひらいてつきあってみたい。──尾崎秀樹

製品情報

製品名 古典落語
著者名 編:講談社 装画:山藤 章二
発売日 1985年05月08日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-202045-9
判型 B5
ページ数 519ページ