季節と詩心

講談社文芸文庫
キセツトシシン
著:堀口 大學 解説・その他:長谷川 郁夫
季節と詩心
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

外交官である父に伴われて、メキシコ、スペイン、ブラジルと大正期のほとんどを海外に過ごし、ベル・エポックの香気に触れた“雅び”の詩人・堀口大學。アポリネール、コクトーら20世紀“新精神(エスプリ・ヌーヴォー)”詩人たちの息吹きを満載した訳詩集『月下の一群』は、洗練された機智と豊潤なエロスを薫風にのせて、わが国の湿潤な文学風土に送り込んだ。詩の子、恋の子、旅する子の面目躍如たる第一随想集。

目次

  • 自画像
  • 日記
  • 唇を噛む
  • バナナ
  • 初恋以前の恋
  • 最初の記憶
  • 小さな自叙伝
  • 小鳥
  • 初飛行
  • 南米と西班牙
  • ブラジルの女
  • 南米記
  • アマゾン紀行の序
  • 西班牙気質
  • 西班牙の夜
  • 西班牙女
  • 西班牙だより
  • 季節の構図
  • 初の秋風
  • 冬の田園
  • おそ夏はや秋
  • 秋の食欲
  • 雑記帳から
  • 海の仏蘭西近代詩
  • 雀・いかる・川烏
  • 巴里の橋の下
  • 花のことなど
  • 花氷
  • エスキモオ
  • 夜の歩道
  • 海水浴場
  • 驪人漫語
  • 望翠楼雑記
  • 女人群像
  • ディトリッヒ
  • ノオマ・タルマッジ私見
  • 妖花アラウネ
  • 『メトロポリス』その他
  • キュビズムの女神
  • 或る日のマリイ・ロオラ

製品情報

製品名 季節と詩心
著者名 著:堀口 大學 解説・その他:長谷川 郁夫
発売日 2007年03月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-198472-1
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:『堀口大學全集6』(’82年8月小沢書店刊)を底本として新漢字、新かな遣いに改め、多少ふりがなを加えた。