随筆 泥仏堂日録

講談社文芸文庫
ズイヒツデイブツドウニチロク
著:川喜田 半泥子 その他:無茶法師 その他:玉邨生 その他:田辺 加多丸 その他:多田 利吉 その他:金原 陶片 その他:鈴木 恵一 解説・その他:森 孝一
随筆 泥仏堂日録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和の光悦と称された陶芸家の雅趣と遊び心

「東の魯山人、西の半泥子」と並び称された一流の風流人――川喜田半泥子。伊勢の豪商の家に生まれ、銀行頭取、地方議員などの要職をこなしつつ、書画、茶の湯、写真、俳句と、その多芸ぶりを発揮。とりわけ陶芸では破格の才を示し、自由奔放ななかにも雅趣に富む造形世界を創造、「昭和の光悦」と声価を高める。数寄の作陶家・半泥子の陶芸論を中心とした、遊び心溢れる、貴重な随筆集。

川喜田半泥子
泥仏堂日録とは、住職無茶法師の泥に関する日記である。無茶法師とは其生れ星とやらが五黄で、干支が寅であるために、或るものが五黄の寅は無茶星だ、といったのから思いついて自ら無茶法師と名乗ったのである。禅宗でも浄土でもない。轆轤宗とでもいって置くか。――<「本文」より>

製品情報

製品名 随筆 泥仏堂日録
著者名 著:川喜田 半泥子 その他:無茶法師 その他:玉邨生 その他:田辺 加多丸 その他:多田 利吉 その他:金原 陶片 その他:鈴木 恵一 解説・その他:森 孝一
発売日 2007年03月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-198470-7
判型 A6
ページ数 290ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:『随筆 泥仏堂日録』(’37年12月學藝書院刊)を底本とし、新漢字、新かな遣いに改め、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス