三島由紀夫文学論集(3) 虫明亜呂無編

講談社文芸文庫
ミシマユキオブンガクロンシュウムシアケアロムヘン
三島由紀夫文学論集(3) 虫明亜呂無編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孤高の美の実践者・三島の偏愛した人と作品のすべて

市川団蔵、中村芝翫、中村歌右衛門、沢村宗十郎へのオマージュにはじまる歌舞伎・演劇論、深く影響を受けたラディゲ、コクトオ、ワイルド、ジュネ等の外国文学論、さらには、二・二六事件の青年将校・磯部浅一の遺稿や『葉隠』まで、三島の美意識に刻みこまれた人と作品を縦横に論じ、小説の美学と演劇への情熱溢れる27篇を収録。批評家・三島由紀夫の文業を精選した論集全3巻完結。

三島由紀夫
折りにふれて、あるページを読んで感銘を新たにした本といえば、おそらく「葉隠」1冊であろう。わけても「葉隠」は、それが非常に流行し、かつ世間から必読の書のように強制されていた戦争時代が終わったあとで、かえってわたしの中で光を放ちだした。「葉隠」は本来そのような逆説的な本であるかもしれない。戦争中の「葉隠」は、いわば光の中に置かれた発光体であったが、それがほんとうに光を放つのは闇の中だったのである。――<「『葉隠』とわたし」より>

製品情報

製品名 三島由紀夫文学論集(3) 虫明亜呂無編
著者名 著:三島 由紀夫 編:虫明 亜呂無 解説:加藤 典洋
発売日 2006年06月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-198445-5
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:講談社刊『三島由紀夫文学論集』(虫明亜呂無編、’70年3月)を底本とし同書を三分冊にした第三巻。本書では、旧かな遣いを新かな遣いに改め、本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。