三島由紀夫文学論集(1) 虫明亜呂無編

講談社文芸文庫
ミシマユキオブンガクロンシュウムシアケアロムヘン
三島由紀夫文学論集(1) 虫明亜呂無編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

精神と肉体、文学と行動、その根源的一致を幻視する

告白と批評の中間形態、秘められた批評と著者自らが言い、文学と行動、精神と肉体との根源的な一致を幻視し、来たるべき死を強く予感させる、最後の自伝的長篇評論「太陽と鉄」を中心に、30歳の頃の旺盛な創作活動の根柢を明かす「小説家の休暇」等、稀有なる文学者の思索の結晶体ともいえる12篇を収録。三島文学の全体像とそのデモーニッシュな魅力をあますところなく示す全3巻論集。

三島由紀夫
このごろ私は、どうしても小説という客観的芸術ジャンルでは表現しにくいもののもろもろの堆積を、自分のうちに感じてきはじめた(略)そこで私はこのような表白に適したジャンルを模索し、告白と批評との中間形態、いわば「秘められた批評」とでもいうべき、微妙なあいまいな領域を発見したのである。それは告白の夜と批評の昼との堺の黄昏の領域であり、語源どおり「誰そ彼」の領域であるだろう。――<「太陽と鉄」より>

製品情報

製品名 三島由紀夫文学論集(1) 虫明亜呂無編
著者名 著:三島 由紀夫 編:虫明 亜呂無 解説:高橋 睦郎
発売日 2006年04月12日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-198439-4
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:講談社刊『三島由紀夫文学論集』(虫明亜呂無編、’70年3月)を底本とし、同書を三分冊した第一巻。旧かな遣いを新たな遣いに改め、本文中明らかな誤植と思われる箇所は正した。