山を走る女

講談社文芸文庫
ヤマヲハシルオンナ
  • 電子あり
山を走る女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

21歳の多喜子は誰にも祝福されない子を産み、全身全霊で慈しむ。罵声を浴びせる両親に背を向け、子を保育園に預けて働きながら1人で育てる決心をする。そしてある男への心身ともに燃え上がる片恋――。保育園の育児日誌を随所に挿入する日常に即したリアリズムと、山を疾走する太古の女を幻視する奔放な詩的イメージが谺し合う中に、野性的で自由な女性像が呈示される著者の初期野心作。


太陽に向かう植物のように子を育む女の命の輝き

21歳の多喜子は誰にも祝福されない子を産み、全身全霊で慈しむ。罵声を浴びせる両親に背を向け、子を保育園に預けて働きながら1人で育てる決心をする。そしてある男への心身ともに燃え上がる片恋――。保育園の育児日誌を随所に挿入する日常に即したリアリズムと、山を疾走する太古の女を幻視する奔放な詩的イメージが谺し合う中に、野性的で自由な女性像が呈示される著者の初期野心作。

星野智幸
私は、多喜子のような母親を持った晶は幸せである、と思う。なぜなら、今の若い世代が内側に抱えこんでいる空虚さを、多喜子自身がすでに25年以上も前に持っていて、それを乗り越えようと格闘したからである。(略)子どもは、上の世代を見て育つ。親を見て、教師を見て、上司を見て、生き方の選択肢を広げていく。現代に晶がもっとたくさんいたら、と私は夢想する。家族のあり方は何倍も豊かでありえたのではないだろうか。――<「解説」より>

目次

  • 真夏
  • 泣き声
  • 若葉
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 山を走る女
著者名 著:津島 佑子 解説:星野 智幸
発売日 2006年04月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-198438-7
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:『山を走る女』(’84年講談社文庫刊)を底本として使用し、振り仮名を多少増減した。また、著者による若干の加筆訂正を行った。

オンライン書店で見る