ゴットハルト鉄道

講談社文芸文庫
ゴットハルトテツドウ
  • 電子あり
  • イベント
ゴットハルト鉄道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“ゴット(神)ハルト(硬い)は、わたしという粘膜に炎症を起こさせた”ヨーロッパの中央に横たわる巨大な山塊ゴットハルト。暗く長いトンネルの旅を“聖人のお腹”を通り抜ける陶酔と感じる「わたし」の微妙な身体感覚を詩的メタファーを秘めた文体で描く表題作他2篇。日独両言語で創作する著者は、国・文明・性など既成の領域を軽々と越境、変幻する言葉のマジックが奔放な詩的イメージを紡ぎ出す。


変幻自在、越境する言葉のマジック!

“ゴット(神)ハルト(硬い)は、わたしという粘膜に炎症を起こさせた”ヨーロッパの中央に横たわる巨大な山塊ゴットハルト。暗く長いトンネルの旅を“聖人のお腹”を通り抜ける陶酔と感じる「わたし」の微妙な身体感覚を詩的メタファーを秘めた文体で描く表題作他2篇。日独両言語で創作する著者は、国・文明・性など既成の領域を軽々と越境、変幻する言葉のマジックが奔放な詩的イメージを紡ぎ出す。

室井光広
多和田文学のキャラクターたちを形容するにふさわしい言葉を今次もうひとつ見つけた。――あやかしの歩行巫女(あるきみこ)。(略)アルキミコたちは男流的押しつけがましさを軽くいなしながら、奥を幻視する。閉じ込められた奥ではどんなあやしの幻術がおこなわれるのか。それは決して「偉大なもの」ではなく、たとえば本書に何度か使われている言葉をかりて簡単にいうなら「壁」を、皮膚の暖かさをもつ皺のイメージにも重なる「襞」に変異させるような術だ。――<「解説」より>

製品情報

製品名 ゴットハルト鉄道
著者名 著:多和田 葉子 解説:室井 光広
発売日 2005年04月09日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-198402-8
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:ゴットハルト鉄道『戦後短篇小説再発見14 自然と人間』(’03年9月講談社文芸文庫刊)、無精卵・隅田川の男『ゴットハルト鉄道』(’96年5月講談社刊)収録作品参照。

おすすめの本

オンライン書店で見る