花衣

講談社文芸文庫
ハナゴロモ
花衣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生の落日を心身に自覚した男と、いのちの盛りの女。俗にいえば中年の男女のありふれた情事。だが昇りつめた2人を死の影が一閃、恋は華やぎの極点で幻の如く頽れる。満開の桜の恐ろしいまでに静まった美(「花衣」)、満潮には海に没する砂嘴の夢幻の美(「岬」)等、歌人にして作家上田三四二が、磨きぬかれた日本語の粋と、大患で得た生死一如の感覚をもって、究極のエロスを描く連作短篇集。

製品情報

製品名 花衣
著者名 著:上田 三四二 解説:古屋 健三
発売日 2004年07月11日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-198376-2
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は1982年3月講談社刊『花衣』を底本とし、振りがなを多少加えました。