ピアノの音

講談社文芸文庫
ピアノノオト
  • 電子あり
ピアノの音
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小高い丘の家に住まう晩年の夫婦の穏やかな生活。娘や息子たちは独立して家を去ったが、夫々家族を伴って“山の上”を訪れ、手紙や折々の到来物が心を通わせる。夜になれば、妻が弾くピアノに合わせ、私はハーモニカ……。自分の掌でなでさすった人生を書き綴る。師伊東静雄の言葉を小説作法の指針に書き続けてきた著者が、自らの家庭を素材に、明澄な文体で奏でる人生の嬉遊曲。

目次

  • ピアノの音
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 ピアノの音
著者名 著:庄野 潤三 解説:齋藤 礎英
発売日 2004年05月12日
価格 定価 : 本体1,350円(税別)
ISBN 978-4-06-198369-4
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は1997年4月講談社刊『ピアノの音』を底本とし、振りがなを多少加えました。

オンライン書店で見る