悪い夏・花束 吉行淳之介短篇小説集

講談社文芸文庫
ワルイナツ・ハナタバヨシユキジュンノスケタンペンショウセツシュウ
  • 電子あり
悪い夏・花束 吉行淳之介短篇小説集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

初期から最晩年まで、短篇小説で辿る吉行淳之介の世界。男女の心象風景を凝縮するイメージで描く散文詩風の「藁婚式」、少年の眼を通して恋愛の生理と心理を追う「悪い夏」、父エイスケとの屈折した関係を主題とした「電話と短刀」、親友の13回忌に訪れた男女の齟齬を描く「花束」等14篇を収録。明晰な文体と実験的手法で、人間の生と性の不条理を追究した著者の珠玉の作品集。


生と性の不条理!
初期作品「藁婚式」から晩年の作「蝙蝠傘」まで14篇を収録。

初期から最晩年まで、短篇小説で辿る吉行淳之介の世界。
男女の心象風景を凝縮するイメージで描く散文詩風の「藁婚式」、少年の眼を通して恋愛の生理と心理を追う「悪い夏」、父エイスケと屈折した関係を主題とした「電話と短刀」、親友の13回忌に訪れた男女の齟齬を描く「花束」等14篇を収録。
明晰な文体と実験的手法で、人間の生と性の不条理を追究した著者の珠玉の作品集。

目次

  • 藁婚式
  • 治療
  • 水族館にて
  • 悪い夏
  • 人形を焼く
  • 白い神経毬
  • 海沿いの土地で
  • 深夜の散歩
  • 電話と短刀
  • 花束
  • 春の声
  • 七変化の奇人
  • 蝙蝠傘

製品情報

製品名 悪い夏・花束 吉行淳之介短篇小説集
著者名 著:吉行 淳之介
発売日 2002年09月10日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-198308-3
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、新潮社刊『吉行淳之介全集』第1巻、第2巻、第3巻(以上、1997年)、第4巻、第15巻(以上、1998年)を底本として、多少ふりがなを加え、明らかな誤植と思われる箇所は正しましたが、原則として底本に従いました。

オンライン書店で見る