山頭火随筆集

講談社文芸文庫
サントウカズイヒツシュウ
  • 電子あり
山頭火随筆集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治15年、近在屈指の大地主の長男として生まれ、9歳の時母自殺。以降徐々に家は没落、時代の傾斜と並ぶようにやがて不幸の淵に沈んでゆく。大正14年出家。大正15年4月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。分け入っても分け入っても青い山(「俳句」大正15年)九州から東北まで漂泊托鉢。行乞生活を記録した句は数奇な生涯を凝縮。俳句、随筆、行乞記の3章でその真髄を纏める。


放浪流転、行乞生活、数奇な命のエッセンス

明治15年、近在屈指の大地主の長男として生まれ、9歳の時母自殺。以降徐々に家は没落、時代の傾斜と並ぶようにやがて不幸の淵に沈んでゆく。大正14年出家。
大正15年4月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。
分け入っても分け入っても青い山(「俳句」大正15年)
九州から東北まで漂泊托鉢。行乞生活を記録した句は数奇な生涯を凝縮。俳句、随筆、行乞記の3章でその真髄を纏める。

目次

  • 俳句
  • 随筆
  • 行乞記 抄

製品情報

製品名 山頭火随筆集
著者名 著:種田 山頭火
発売日 2002年07月10日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-198302-1
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『三頭火全集』第1~3、10巻(1986・5~1987・11  春陽堂書店)を底本として多少ふりがなを加えました。

オンライン書店で見る