雲・山・太陽 串田孫一随想集

講談社文芸文庫
クモヤマタイヨウクシダマゴイチズイソウシュウ
  • 電子あり
雲・山・太陽 串田孫一随想集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学、文学、音楽、美術など、多方面のジャンルにわたる厖大な著作から、山行と旅に関わる芳醇なエッセイを収録。さりげなく、平易、明晰な言葉で語る、人と自然との関係・対話、深い思索と瞑想、その豊かな叡知の世界。「春の富士」「北穂高岳」「遠い未来の山人に」「風光る日」など、若き日から60年を越える、独創的山の文学の精髄。哲学者・詩人・希有な登山家・串田孫一の、山と旅の随想集。

製品情報

製品名 雲・山・太陽 串田孫一随想集
著者名 著:串田 孫一 解説:田中 清光
発売日 2000年08月09日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-198224-6
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1998年1月刊『串田孫一集』(筑摩書房)第3巻、1998年2月刊、同第5巻、1998年5月刊、同第6巻、1998年8月刊、同第7巻(以上、1、2に収録のもの)、1984年11月刊『雲・山・太陽』(講談社、3に収録のもの)を底本とし、多少ふりがなを加えた。

オンライン書店で見る