浦島草

講談社文芸文庫
ウラシマソウ
著・その他:大庭 みな子 解説:リービ 英雄
  • 電子あり
浦島草
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

広島で被爆した女性●子(●=さんずいに令)が、庭先に浦島草の咲く東京の家でひっそりと暮らす。そこへ11年ぶりにアメリカ留学から主人公の雪枝が帰って来る。後を追う恋人のマーレック。●子には雪枝の兄・森人との間に、自閉症の息子・黎がいた。多くの人物が広島の滅びの光景を引きずり、物語が進む。人間の無限の欲望と、その破滅を予感する作家が、女たちの眼を通して創出した、壮大で残酷な詩的小説世界。


広島で被爆した女性冷子が、庭先に浦島草の咲く東京の家でひっそりと暮らす。そこへ11年ぶりにアメリカ留学から主人公の雪枝が帰って来る。後を追う恋人のマーレック。冷子には雪枝の兄森人との間に、自閉症の息子黎がいた。多くの人物が広島の滅びの光景を引きずり、物語が進む。人間の無限の欲望と、その破滅を予感する作家が女たちの眼を通して創出した壮大で残酷な詩的小説世界。

製品情報

製品名 浦島草
著者名 著・その他:大庭 みな子 解説:リービ 英雄
発売日 2000年08月09日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-198222-2
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『大庭みな子全集』第5巻(1991年2月 講談社刊)を底本とし、若干ふりがなを加えた。

オンライン書店で見る