螢の河・源流へ――伊藤桂一作品集

講談社文芸文庫
ホタルノカワ・ゲンリュウヘイトウケイイチサクヒンシュウ
  • 電子あり
螢の河・源流へ――伊藤桂一作品集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

苛烈な戦場での日々に、死を凝視しつつ、なお友情、青春が息づく、その刻々を淡々と描いた、直木賞受賞作「螢の河」。堪え難い神経痛と耳鳴りに悩む“ぼく”が山奥での岩魚釣り中、不意に“生きてゆくこと”を深く認知する名作「源流へ」。「帽子と菜の花」「帰郷」「溯り鮒」「名のない犬」等、詩人の眼が捉えた、戦場、身辺、釣り、動物達との交歓。伊藤桂一の小説世界を開示する珠玉の名篇全10篇。

製品情報

製品名 螢の河・源流へ――伊藤桂一作品集
著者名 著:伊藤 桂一 解説:大河内 昭爾
発売日 2000年07月10日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-198218-5
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1980年2月講談社刊『現代短編名作選7』(「螢の河」)、1993年10月刊光人社NF文庫『悲しき戦記(全)』(「帽子と菜の花」「丘の寺院」「通天門」「アンズの咲くころ」)、1984年9月構想社刊『水の景色』(「帰郷」「溯り鮒」「源流へ」)、1983年9月講談社刊『雨の中の犬』(「名のない犬」)、1998年1月号「群像」(「八十歳の周辺」)を底本とし、多少ふりがなを付した。

オンライン書店で見る