毒薬としての文学

講談社文芸文庫
ドクヤクトシテノブンガククラハシユミコエッセイセン
  • 電子あり
毒薬としての文学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学生時代、マスメディアに劇的に登場、常に現代文学に挑戦し続ける著者の『わたしのなかのかれへ』『迷路の旅人』『磁石のない旅』『最後から二番目の毒想』『夢幻の宴』の全エッセイ集から、1.日常と文学の周辺、2.作家・詩人関係に集約編集。「性と文学」「文学的人間を排す」他、坂口安吾、澁澤龍彦、三島、埴谷等、35篇。独創的世界を展開する著者の文学観、発想の源流を示す文芸文庫版エッセイ集。

製品情報

製品名 毒薬としての文学
著者名 著:倉橋 由美子 解説:清水 良典
発売日 1999年07月09日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-197672-6
判型 A6
ページ数 298ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

オンライン書店で見る