自伝 土と炎の迷路

講談社文芸文庫
ジデンツチトホノオノメイロ
自伝 土と炎の迷路
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

由緒ある釜大将の家に生まれ、形骸化したものを嫌悪し、生来の勁い信念と情熱で毀誉褒貶の世を進む。茶道美術界の重鎮・益田鈍翁や小野賢一郎、富本憲吉、北大路魯山人、両親、祖母、恩師たち。多彩な人々との出会いと別れ。桃山古陶の再現、黄瀬戸事件、永仁の壺事件、日ソ工芸展、「氷柱」誕生、『陶器大辞典』編纂。一ム才の号いわれ。陶芸の巨人が綴るその究極の創造人生の自伝。

製品情報

製品名 自伝 土と炎の迷路
著者名 著:加藤 唐九郎 解説:森 孝一
発売日 1999年02月10日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-197651-1
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1982年4月、日本経済新聞社刊『自伝 土と炎の迷路』