さようなら、ギャングたち

講談社文芸文庫
サヨウナラ、ギャングタチ
  • 電子あり
  • イベント
さようなら、ギャングたち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

詩人の「わたし」と恋人の「S・B(ソング・ブック)」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高の作品だと思う。村上春樹があり糸井重里があり、村上龍があり、それ以前には筒井康隆があり栗本薫がありというような優れた達成が無意識に踏まえられてはじめて出てきたものだ」と絶賛した高橋源一郎のデビュー作。

製品情報

製品名 さようなら、ギャングたち
著者名 著:高橋 源一郎 解説:加藤 典洋
発売日 1997年04月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-197562-0
判型 A6
ページ数 382ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1985年3月刊行の講談社文庫版

オンライン書店で見る