新・平家物語(十六)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(十六)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平家が西海の藻屑と消えてわずか半年後、武勲第一の義経は、それまで指揮下にあった頼朝の兵に追われる身となった。吉野から多武ノ峰、伊勢、伊賀――息をひそめて主従7人、平家の残党の如く生きる。静(しずか)を見捨ててまでの潜行につぐ潜行。義経はひたすら東北の空に仰ぐ。そこには、頼朝の最も恐れる藤原3代の王国が――。人間の愚、人間の幸福をきわめつづけた吉川文学の総決算、ここに完結。


息をひそめて潜行する義経主従の行く先は? 平家が西海の藻屑と消えてわずか半年後、武勲第一の凱旋将軍義経は、それまで指揮下にあった頼朝の兵に追われる身となった。愛する静を見捨ててまでの潜行が続く。

製品情報

製品名 新・平家物語(十六)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年10月02日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196562-1
判型 A6
ページ数 446ページ

オンライン書店で見る