新・平家物語(十四)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(十四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平家には、もう明日はなかった。さかまく渦潮におのれの影を見るごとく、壇ノ浦に一門の危機感がみなぎる。寿永4年3月24日の朝、敵味方のどよめきのうちに戦は始まった。単なる海戦ではない。海峡独特の潮相と風位の戦である。潮をあやつり、波に乗るもの、義経か知盛か――。その夜の星影も見ず、平家は波騒(なみさい)に消えた。波の底にも都の候う、との耽美的な一語を残して。


明日なき平家一門、壇ノ浦に危機感が漲る! 三月二十四日早暁、戦は始まった。だが、単なる海戦ではない、海峡の戦である。潮を操り、波に乗るもの、義経か知盛か。波の底にも都の候う――落日の平家絵巻。

製品情報

製品名 新・平家物語(十四)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年09月04日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196560-7
判型 A6
ページ数 458ページ

オンライン書店で見る