新・平家物語(十三)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(十三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本のなかば以上を所領した平家が、いま寸土も失って、水鳥の如く波間に漂う。思えば、入道清盛逝きて、わずか4年後の悲運である。最後の夢を彦島のとりでに託して、一門の船団は西へ西へと向う。史上名高い那須余一の扇の的、義経の弓流しなど、源氏がわの武勇をたたえる挿話のみが多い屋島の合戦――。著者は眼を転じて、追われる平家の厳島(いつくしま)祈願に込められた、惻々たる心情に迫る。


入道清盛逝きてわずか四年後の平家の悲運。日本の半ば以上を所領した平家が、いま寸土も失って、水鳥の如く波間に漂う。最後の夢を彦島のとりでに託して、一門の船団は西へ西へと向うが、前途に光明はない。

製品情報

製品名 新・平家物語(十三)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年09月04日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196559-1
判型 A6
ページ数 438ページ

オンライン書店で見る