新・平家物語(十二)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(十二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一ノ谷の合戦から屋島の合戦までには、1年の月日が流れている。さきの合戦に大功をたてながら、なんら叙勲の沙汰もうけぬ義経。そしていったん任官後は、鎌倉に断りもなく、と不興を買い、平家追討使の大役も範頼に奪われた義経。鎌倉どの差向けの花嫁も、彼の心を暗くする。だが、源氏は義経をまだ必要としていた。――西国攻めの範頼軍は備前児島に立往生し、平家軍が猛威をふるう。


一ノ谷から屋島へ、源平決戦の舞台は移る。さきの合戦で大功をたてながら、なんら恩賞もうけぬ義経。そして一旦任官後は、鎌倉に無断でと不興を買い、平家追討使の大役も範頼に奪われた義経。しかし……。

製品情報

製品名 新・平家物語(十二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年08月03日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196558-4
判型 A6
ページ数 434ページ

オンライン書店で見る