新・平家物語(七)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(七)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

源三位頼政は、殲滅された源氏一族にあって、異例といえるくらい、清盛の殊遇をうけた人であった。その彼が、なにゆえ76歳の高齢もかえりみず、平家打倒に起ちあがったのか。そして戦いは断橋の悲痛な叫びを残して終ったが、これを境に反平家の勢力は、燎原の火の如く各地に蹶起する。――伊豆での旗拳げに1度は失敗した頼朝も、鎌倉に本拠を定めて、都を窺う。


伊豆の頼朝、挙兵。つづいて木曽の義仲が。打倒平家に起ちあがった源三位頼政の悲壮な最期を機に、反平家の勢力は燎原の火の如く各地に蹶起する。治承四年は暴風雨時代に入り、平家の命運も今や風前の灯。

製品情報

製品名 新・平家物語(七)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年06月02日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196553-9
判型 A6
ページ数 458ページ

オンライン書店で見る