源頼朝(一)

ミナモトノヨリトモ
  • 電子あり
源頼朝(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『宮本武蔵』の圧倒的な好評を受けて、著者は次作の題材を吟味した。そして朝日新聞紙上を飾ったのが『源頼朝』である。これには“小説日本外史”の副題がついている。歴史を濶歩した代表的日本人を次々に登場させる構想で、その第1に、源頼朝が選ばれた。まさに頼朝こそ、源平抗争の英雄であり、700年の武家社会を築いた巨擘(きょはく)である。著者は武将頼朝の周辺に鋭く肉薄していく。

製品情報

製品名 源頼朝(一)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年02月05日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-196541-6
判型 A6
ページ数 374ページ

オンライン書店で見る