新書太閤記(九)

シンショタイコウキ
  • 電子あり
新書太閤記(九)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天下統一にまっしぐらに進んでいた信長の死。しかも嗣子の信忠もろともの死であっただけに、後継者問題は織田家の内外を通じて、頭の痛いことであった。清洲会議の決定も、次第に宙に浮いてゆく。いち早く光秀を誅殺し、家中第1の発言権を確保した秀吉、1歩遅れたりといえど、宿老として重きをなす勝家。激化する2人の対立に、信長の子・信雄、信孝の思惑がからんで賤ヶ嶽合戦へと進む。

製品情報

製品名 新書太閤記(九)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年07月03日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196530-0
判型 A6
ページ数 416ページ

オンライン書店で見る