新書太閤記(五)

シンショタイコウキ
  • 電子あり
新書太閤記(五)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家康と信長の援軍が三方ヶ原で完敗を喫してから僅か3年、信長・家康の連合軍は、宿敵武田軍に潰減的な打撃を加えた。世にいう長篠の合戦である。武田の騎馬軍団を織田の鉄砲軍団が完膚なきまでに叩きのめした1戦であり、素早く実戦に鉄砲の威力を採り入れた信長の炯眼(けいがん)が光っていた。また、三河武士の名をあげたものに、鳥居強右衛門の懦夫(だふ)をも起たす鬼神の働きがあり、家康も面目を施す。

製品情報

製品名 新書太閤記(五)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年06月05日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196526-3
判型 A6
ページ数 448ページ

オンライン書店で見る