新書太閤記(四)

シンショタイコウキ
  • 電子あり
新書太閤記(四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

出る杭は打たれる。――永禄の終りから元亀の始めにかけての信長が、まさにその状態に置かれていた。東北には武田・上杉の古豪が若輩何するものぞと眼を光らし、西北には浅井・朝倉が虎視眈々と隙をうかがっている。折も折、西上を打診しつづけていた信玄は、信長の盟友徳川家康を襲った。浜松城北方の台地・三方ヶ原に徳川軍をおびき出し、これを粉砕した。家康、生涯唯一の完敗であった。

製品情報

製品名 新書太閤記(四)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年06月05日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196525-6
判型 A6
ページ数 434ページ

オンライン書店で見る