新書太閤記(三)

シンショタイコウキ
  • 電子あり
新書太閤記(三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

桶狭間の大勝は、尾張に信長あり、と武名を喧伝はされたが、天下統一への道は第1歩を踏み出したにすぎない。信長の次なる目標は、美濃の攻略である。その拠点ともなるべき洲股(すのまま)――尾濃の国境に天険を誇る要害の地に、織田軍団の足場をつくりたい。これが信長の渇望であった。だが言うは易く、工事は至難。重臣、みな反対である。時に藤吉郎ひとり、賛成論をブッた。当然、大命は藤吉郎に。

製品情報

製品名 新書太閤記(三)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年04月23日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196524-9
判型 A6
ページ数 438ページ

オンライン書店で見る