宮本武蔵(七)

ミヤモトムサシ
  • 電子あり
宮本武蔵(七)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わが国の新聞小説で『宮本武蔵』ほど反響をよんだ小説はないであろう。その1回1回に日本中が一喜一憂し、読者は武蔵とともに剣を振い、お通とともに泣いた。そしていまひとつ気になる存在――小次郎の剣に磨きがかかればかかるほど、読者は焦躁する。その小次郎は、いち早く細川家に仕官するという。宿命の敵、武蔵と小次郎の対決のときは、唸りをうって刻まれてゆく。

製品情報

製品名 宮本武蔵(七)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年12月26日
価格 定価 : 本体699円(税別)
ISBN 978-4-06-196520-1
判型 A6
ページ数 428ページ

オンライン書店で見る