親鸞(二)

シンラン
  • 電子あり
親鸞(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大盗天城四郎の魔手から玉日姫を救い出したのは、範宴である。その日から範宴はもの想う人となった。甘ずっぱい春の香りは、払えども払えども、範宴を包む。禁断の珠を抱いて、範宴はみずからおののく。京の夜を煩悩に迷い狂う範宴!追い討つように、山伏弁円は彼に戦いを挑む。信仰の迷いに疲れた範宴は、このとき法然を知る。奇(く)しき法然との出合い。親鸞の大転機であった。

製品情報

製品名 親鸞(二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年08月03日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-196512-6
判型 A6
ページ数 426ページ

オンライン書店で見る