江戸三国志(一)

エドサンゴクシ
  • 電子あり
江戸三国志(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

尾州徳川家の7男坊万太郎の邸から、将軍家拝領の鬼女面をまんまと盗み出したのは、大盗日本左衛門。面箱の底には“御成敗(おしおき)ばてれん口書(くちがき)”も隠されていた。その口書によると、日本で客死した羅馬(ローマ)の貴族ピオの遺品“夜光珠の短剣”には、莫大な富と名誉が秘められているという。その行方をめぐり、万太郎と近侍の相良金吾、ころび伴天連(バテレン)の娘お蝶、丹頂のお粂などが入り乱れる伝奇ロマン。

製品情報

製品名 江戸三国志(一)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年03月05日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-196505-8
判型 A6
ページ数 446ページ

オンライン書店で見る