板散華

講談社文芸文庫
ハンサンゲ
  • 電子あり
板散華
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

原始美術の力強さを示し、民芸的特質を持ち日本美の原点を探る独特の〈板画〉世界を展いた、棟方志功。強烈なエネルギー漲る初期エッセイ集『板散華』を中心に、『板画の肌』を抄録。「板画の持つ真性は、東洋の美意識に真実を重ねる」とする「板血脈」をはじめ、「河井寛次郎先生」「板画道」「万暦赤絵」「富岡鉄斎」「麻蒸風物」「哀母記」「串もち」のほか「哀父記」を加えた三35篇。


原始美術の力強さを示し、民芸的特質を持ち日本美の原点を探る独特の〈板画〉世界を展いた棟方志功。強烈なエネルギー漲る初期エッセイ集『板散華』を中心に『板画の肌』を抄録。「板画の持つ真性は、東洋の美意識に真実を重ねる」とする「板血脈」をはじめ、「河井寛次郎先生」「板画道」「万暦赤絵」「富岡鉄斎」「麻蒸風物」「哀母記」「串もち」のほか「哀父記」を加えた35篇。

製品情報

製品名 板散華
著者名 著:棟方 志功
発売日 1995年12月27日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-196354-2
判型 A6
ページ数 236ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1942年11月山口書店刊『板散華』及び、1956年10月河出書房刊『版画の肌』を底本

オンライン書店で見る