砂漠の思想

講談社文芸文庫
サバクノシソウゲンダイニホンノエッセイ
著:安部 公房 その他:沼野 充義
砂漠の思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

可能性を完全開花させずに永逝した文学者安部公房が、衝撃作『砂の女』『他人の顔』を続けて刊行した時点で、自身の初期思考をエッセイの形で発表したものを精選し、全エッセイとして刊行した話題の大著。初期阿部公房が孕む、“ヘテロ”的思考への新たな再評価。早く来すぎた思想者・安部公房の“可能性の中心”。

目次

  • ●ヘテロの構造
  • ●砂漠の思想

製品情報

製品名 砂漠の思想
著者名 著:安部 公房 その他:沼野 充義
発売日 1993年12月24日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-196255-2
判型 A6
ページ数 452ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は1965年本社刊『砂漠の思想』を底本とし、ふりがなを加えた。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス