千年・あの夏

講談社文芸文庫
センネンアノナツ
著:阿部 昭 解説:松本 道介
  • 電子あり
千年・あの夏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鋭く周密な観察で幼年期をつづる「千年」、漠然として白く燃え上り、落着の悪い記憶の断片にまとわる不安・恐怖・なつかしさを語る「桃」、心弱い父が美しく描かれ、父と子の屈折した心情あふれる「父と子の夜」など、仄暗く深い記憶の彼方の幼年時代を、瑞々しく精緻に描出する、阿部昭の秀作群。毎日出版文化賞受賞短篇集『千年』に「あの夏」「贈り物」を併録。


鋭く周密な観察で幼年期を綴る「千年」、漠然として白く燃え上り落着の悪い記憶の断片に纏る不安・恐怖・なつかしさを語る「桃」、心弱い父が美しく描かれ父と子の屈折した心情溢れる「父と子の夜」など、仄暗く深い記憶の彼方の幼年時代を、瑞々しく精緻に描出する阿部昭の秀作群。毎日出版文化賞受賞短篇集「千年」に「あの夏」「贈り物」を併録。

製品情報

製品名 千年・あの夏
著者名 著:阿部 昭 解説:松本 道介
発売日 1993年04月28日
価格 定価 : 本体951円(税別)
ISBN 978-4-06-196223-1
判型 A6
ページ数 330ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 備考参照

オンライン書店で見る