甲乙丙丁(上)

講談社文芸文庫
コウオツヘイテイ
甲乙丙丁(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

64年春、日本統計資料社に勤める津田貞一に、出勤停止、アカハタ配布停止がもたらされる。貞一と、30年代からの交流のある、もう1人の主人公、党中央委員、田村榊は、嘗て参議院議員でもあり、作家である。合法、非合法、半合法、戦前・戦中・戦後を、時代の良心として、精一杯生きぬいた中野重治が、党および人との諸問題を、良心の底をもつき貫いて語った巨大な文学的記念碑。

製品情報

製品名 甲乙丙丁(上)
著者名 著:中野 重治
発売日 1991年04月03日
価格 定価 : 本体1,748円(税別)
ISBN 978-4-06-196123-4
判型 A6
ページ数 717ページ
シリーズ 講談社文芸文庫