サハリンへの旅

講談社文芸文庫
サハリンヘノタビ
著:李 恢成 解説:小笠原 克
  • 電子あり
サハリンへの旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自己形成の原点──サハリンへの2週間の“帰郷”の実現。祖母、義姉、親族、同胞達との交歓。言葉なき言葉──“陸封”34年を隔て異郷の地に再会した離散一族、民族の“それぞれの立場”を抱擁し、アイデンティティ同一性を真摯に追求しつづける李恢成積年の願望──パルチャ(運命)の旅!

目次

  • 1 望郷
  • 2 海
  • 3 鳥たちの決闘
  • 4 海の見える丘にて
  • 5 泣き叫んだ子供たち
  • 6 裁判
  • 7 南沢にて
  • 8 秋味と戦場
  • 9 老婆とラジオ
  • 10 バザールの声
  • 11 ドーリンスクへ
  • 12 生命の島
  • 13 ハバロフスク空港にて
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 サハリンへの旅
著者名 著:李 恢成 解説:小笠原 克
発売日 1989年03月03日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-196041-1
判型 A6
ページ数 506ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

オンライン書店で見る