哀歌

講談社文芸文庫
アイカ
  • 電子あり
哀歌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

肉体の恐怖の前には精神など全く意味を失ってしまう。臆病に生き臆病に埋もれて、自分がどんなに卑怯なのか、どんなに弱いのか、たっぷり承知している――弱者。弱者を凝視して聖書とキリストの意味を追究し、「沈黙」への展開を示唆した注目すべき短篇集。人間の深層によどむ(哀しみの歌)を表題に据え、「その前日」「四十歳の男」「大部屋」「雲仙」など12篇を収める。

目次

  • 再発
  • 男と九官鳥
  • その前日
  • 四十歳の男
  • 大部屋
  • II
  • 童話
  • 雑木林の病棟
  • 帰郷
  • 札の辻
  • 雲仙
  • 私のもの
  • III
  • 例之酒癖 一盃綺言
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 哀歌
著者名 著:遠藤 周作
発売日 1988年07月04日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-196020-6
判型 A6
ページ数 358ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

オンライン書店で見る