暗室

講談社文芸文庫
アンシツ
  • 電子あり
暗室
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

屋根裏部屋に隠されて暮す兄妹、腹を上にして池の底に横たわる150匹のメダカ――脈絡なく繋げられた不気味な挿話から、作家中田と女たちとの危うい日常生活が鮮明に浮かび上る。性の様々な構図と官能の世界を描いて、性の本質を解剖し、深層の孤独を抽出した吉行文学の真骨頂。「暗い部屋」の扉の向こうに在るものは……。


屋根裏部屋に隠されて暮す兄妹、腹を上にして池の底に横たわる150匹のメダカ――脈絡なく繋げられた不気味な挿話から、作家中田と女たちとの危うい日常生活が鮮明に浮かび上る。性の様々な構図と官能の世界を描いて、性の本質を解剖し、深層の孤独を抽出した吉行文学の真骨頂。「暗い部屋」の扉の向こうに在るものは……。谷崎賞受賞。

製品情報

製品名 暗室
著者名 著:吉行 淳之介 解説:川村 二郎
発売日 1988年05月02日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-196017-6
判型 A6
ページ数 310ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

オンライン書店で見る