給食室の日曜日 ゆれるバレンタインデー

キュウショクシツノニチヨウビユレルバレンタインデー
  • 電子あり
給食室の日曜日 ゆれるバレンタインデー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ここは、せんねん町の、まんねん小学校。どこにでもある小学校だと思うでしょ。でも、ちょっとちがうんですよね。とくに、日曜日は……。今回は給食室のなかまたちのお話です。もうすぐバレンタインデーの給食室で伝言ゲームが始まりました。ところが、おたまちゃんが見当たりません。さがしてみると、家庭科室でチョコレートを片手に……。もしかしてチョコレートをどろぼうしようとしたのかな。でも、どうして?


ここは、せんねん町の、まんねん小学校。
どこにでもある小学校だと思うでしょ。
でも、ちょっとちがうんですよね。
とくに、日曜日は……。
というわけで、今回は給食室のなかまたちのお話です。
もうすぐバレンタインデーの給食室で伝言ゲームが始まりました。ところが、おたまちゃんが見当たりません。さがしてみると、家庭科室でチョコレートを片手に……。もしかしてチョコレートをどろぼうしようとしたのかな。でも、どうして?

製品情報

製品名 給食室の日曜日 ゆれるバレンタインデー
著者名 作:村上 しいこ 絵:田中 六大
発売日 2017年05月30日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-195784-8
判型 A5
ページ数 96ページ
シリーズ わくわくライブラリー

著者紹介

作:村上 しいこ(ムラカミ シイコ)

村上しいこ
三重県生まれ。
『うたうとは小さないのちひろいあげ』で第53回野間児童文芸賞受賞。近著に『たべもののおはなし エビフライ にげたエビフライ』(さとうめぐみ・絵)『じてんしゃのほねやすみ』(長谷川義史・絵)など。「むかし手作りチョコレートを作りました。かえってきたへんじは、『こんなかたいチョコレート、一生わすれられへんやろ』でした。気持ちもだいじやけど、きおくもだいじ。いまでもおぼえてくれているかな?」
ホームページ http://www.geocities.jp/m_shiiko/

絵:田中 六大(タナカ ロクダイ)

田中六大
1980年東京都生まれ。
近著に『おとのさま、スキーにいく』(中川ひろたか・作) 『たべもののおはなし おむすび うめちゃんとたらこちゃん』(もとしたいづみ・作)など。「チョコレート大好きです! ぼくが小学生のときはシールのおまけつきのチョコレート菓子が大流行していました。ところで、最近よく使っている絵の具で、チョコレート色の絵の具があって、チョコレートのにおいがする気がするのですが、たぶん気のせいだと思います」
ホームページ http://www.rokudait.com/

オンライン書店で見る