はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜

ハリネズミノルーチカホシノウマレタヨル
  • 電子あり
はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 クリスマスがちかづいて、フェリエの国にすむ、はりねずみのルーチカは、いいことを思いつきました。ひとびとの国からもちかえってきた「キラキラ」を夜空にかざって、仲間たちに星空をみせてあげるのです。
 でも、ルーチカは、夜空までいく方法をかんがえていませんでした。仲間たちのアイディアで、ロープやふうせん、はねをつかって、夜空にいこうとしますが、うまくいきません。そこで、「夜空までとどくはしご」のプレゼントを、サンタさんにおねがいすることにしたのでした。
 ところが、クリスマス・イブ。サンタさんにお手紙を書くときになって、「サンタさんへのおねがい、かえることにしたんだ」というルーチカ。いったい、どうしたのでしょう……? 

 かわいい動物たちがくりひろげる楽しいストーリーに、心あたたまるメッセージがこめられた大好評「はりねずみのルーチカ」シリーズ。クリスマスマーケット、ジンジャークッキー、キャンドルライトサービス、ラッキーチャームいりのケーキなどなど、クリスマス気分がいっぱいの、シリーズ最新作です。

「そうだ! もうすぐクリスマスだから、クリスマス・イブのまえの日に、夜空に星をちりばめよう。そうすれば、今年のクリスマス・イブには、みんなに星空をプレゼントできるもの。」
 ルーチカは、大切にあつめてきたキラキラをつかって、いよいよ今年のクリスマス・イブのまえの夜に、星空をつくることにきめました。
「ああ、たのしみだなぁ。」
 星空をみたときの、フェリエのみんなの笑顔を思いうかべただけで、ルーチカはもううれしくて、むねがいっぱいになりました。--本文より
--本文より

目次

  • まえがき
  • ルーチカがかえってきた
  • クリスマスマーケットへ
  • 夜空へいこう
  • ノームのおばあさんのねがい
  • サンタさんへの手紙
  • キャンドルライトサービス
  • 星のうまれた夜

製品情報

製品名 はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜
著者名 作:かんの ゆうこ 絵:北見 葉胡
発売日 2014年10月22日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-195755-8
判型 A5
ページ数 144ページ
シリーズ わくわくライブラリー

著者紹介

作:かんの ゆうこ(カンノ ユウコ)

かんのゆうこ
1968年、東京都生まれ。東京女学館短期大学文科卒業。主な絵本に、『はこちゃん』(絵・江頭路子)、『はるねこ』(絵・松成真理子)、『なつねこ』(絵・北見葉胡)、『あきねこ』(絵・たなか鮎子)、『ふゆねこ』(絵・こみねゆら)、『ルララとトーララ クリスマスのプレゼント』(絵・おくはらゆめ)、『星うさぎと月のふね』(絵・たなか鮎子)など。(以上、すべて講談社)
児童書に、『とびらの向こうに』(絵・みやこしあきこ/岩崎書店)がある。
『星うさぎと月のふね』は、プラネタリウム番組化され、各地で上映されている。

絵:北見 葉胡(キタミ ヨウコ)

北見葉胡
1957年、鎌倉市生まれ。武蔵野美術短期大学卒業。主な絵本に、『マッチ箱のカーニャ』(白泉社)、『カノン』(作・かんのゆうこ/講談社)、『そらの木』(岩崎書店)、『小学生になる日』(新日本出版社)、『ヘンゼルとグレーテル』始めグリムの世界を描いた「絵本・グリム童話」全5巻(訳・那須田淳/岩崎書店)など。書籍装画に「安房直子コレクション」全7巻(偕成社)などがある。
2005年ボローニャ国際絵本原画展入選、2009年『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(作・小手鞠るい/講談社)でボローニャ国際児童図書賞受賞。

オンライン書店で見る