6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は

ロクガツノオハナシアメガシクシクフッタヒハ
6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

つゆの日々、雨がふるたびに「しとしと」が「しくしく」に聞こえ、だれかがどこかで泣いている気がしてじっとしていられないクマのまーくん。
雨の中をさんぽし、泣いているあじさいやかたつむり、人間の女の子をはげましてまわります。そのはげましかたがどこか抜けていて、いつもへんてこな結末に。
それでも本人は大まじめ、雨が降るたびに大いそがしなのです。
しかし、まーくんのがんばりで、みんながどんどん笑顔になっても、なかなか「しくしく」の音はやみません。
いったい、だれが泣いているの?
あいすべきクマ、まーくんと雨とおともだちのおはなし。

製品情報

製品名 6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は
著者名 作:森 絵都 絵:たかお ゆうこ
発売日 2013年04月26日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-195742-8
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:森 絵都(モリ エト)

日本児童教育専門学校児童文学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業。 児童文学創作の傍らアニメーションのシナリオを手がける。1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作品で翌年、第2回椋鳩十児童文学賞も受賞した。その後も数々の作品で多数の文学賞を受賞している。第46回産経児童出版文化賞を受賞した『カラフル』と、第52回小学館児童出版文化賞を受賞した『DIVE!!』は映画化もされ、話題になった。2006年、『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。

絵:たかお ゆうこ(タカオ ユウコ)

東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。玩具メーカーでおもちゃの企画、デザインを手がける。その後アメリカに渡り、カリグラフィー、水彩画、銅版画などを学ぶ。帰国後、グリーティングカード、広告、絵本の分野で活躍。主な絵本に「ハムスターのハモ」「ハモのクリスマス」(福音館書店)「もねちゃんのたからもの」(徳間書店)「プリンちゃん」「プリンちゃんとおかあさん」(絵)(理論社)「ふゆの日のコンサート」(架空社)、挿絵の仕事に「帰ってきた船乗り人形」「池のほとりのなかまたち」「家の中では、とばないで!」「ねずみの家」(以上徳間書店)「クリスマスのりんご」(福音館書店)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス