蝶々、とんだ

チョウチョウトンダ
蝶々、とんだ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●講談社児童文学新人賞佳作

ちょっぴりへん?
ちょっぴりふしぎ?
うそをついて、学校を早引けした帰り道。いつもとちがう午後が待っていました。

川の端に立つ、小さな家。
半分かわらのずれた屋根の下に、筆で書かれた、古い木のかんばん。──川端・ほんやら堂
ユキが出会った貸本屋さん。

題名もわからない、表紙のちぎれたまんが本。
「男の子がな、ある朝、目をさましたら、へんな虫になってるんや。」
おばあさんがユキに貸してくれたのは、そんな話の1冊でした。

児童文芸新人賞/日本児童文学者協会新人賞入選作品

製品情報

製品名 蝶々、とんだ
著者名 著:河原 潤子 絵:石丸 千里
発売日 1999年03月26日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-195693-3
判型 A5
ページ数 102ページ
シリーズ わくわくライブラリー