徳川家康(26)

トクガワイエヤスリツメイオウジョウノマキ
  • 電子あり
徳川家康(26)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣家滅亡後の家康に残された仕事は幕府永続の礎石固め、すなわち確乎とした泰平の世づくりであった。「人間はみな永遠に続く大樹の枝葉なのだ」という万民の愛と安らぎをめざす世を!その理想を果たし、巨樹はついに波乱にみちた75年の生涯を終える。時代を超えて生きる壮大なロマン完結編。

目次

朝顔夕顔
雷神乱舞
天命と運命
上総の雨
浅草川
鷹野の虎
洩る船焼ける家
根と花実
越路の雁
江戸の蛙
関東大演習
光りを泳ぐ
最後の正月
発病
生死の筋目
立命往生
悲願果てなく

あとがき

製品情報

製品名 徳川家康(26)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1988年04月01日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-195048-1
判型 A6
ページ数 510ページ

オンライン書店で見る