妙好人,良寛,一茶

ジョウドブッキョウノシソウ13ミョウコウニンリョウカンイッサ
妙好人,良寛,一茶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本文化の大潮流を体系的に書き下ろす初の全集!
●妙好人――赤尾道宗から浅原才市まで、無名の念仏者、草の根の篤信者たちの歴史的実像。
●良寛・一茶――天真の人と煩悩の人、同時代人の生・宗教・芸術とその浄土教的な彩り。

目次

  • ●妙好人――その歴史像――
  • 第1章 妙好人の原像
  • 第2章 近世妙好人登場の歴史的背景
  • 第3章 近世妙好人伝の成立
  • 第4章 近世の妙好人像
  • 第5章 近代妙好人伝の成立
  • 第6章 近代の妙好人像
  • ●良寛――その詩と宗教――
  • 序 回想の出雲崎
  • 1 良寛における愚
  • 2 良寛における羞恥感
  • 3 良寛と詩
  • 4 詩人良寛と沙門良寛
  • 5 かすかにわれはすみわたるかも
  • 6 物たちとの対話
  • 7 『太陽の歌』と「月の兎」
  • 8 称名念仏の歌
  • ●一茶――煩悩の美しき花――
  • 1 凡夫の詩
  • 2 一茶と故郷
  • 3 一茶と芭蕉
  • 4 一茶と浄土真宗

製品情報

製品名 妙好人,良寛,一茶
著者名 著:柏原 祐泉 著:大峯 顕 装丁:辻村 益朗
発売日 1992年01月10日
価格 定価 : 本体5,000円(税別)
ISBN 978-4-06-192583-0
判型 四六
ページ数 390ページ