炎立つ 弐 燃える北天

講談社文庫
ホムラタツモエルホクテン
  • 電子あり
炎立つ 弐 燃える北天
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黄金の輝きが招いた戦乱を制した安倍頼良・貞任父子だが朝廷は源氏の総帥源頼義を陸奥守(むつのかみ)として任命した。安倍一族と源氏の永い宿命の戦いがいま始まる。朝廷側に身を置きながらも、蝦夷たちの真実に触れ、藤原経清(つねきよ)はもののふの心を揺さぶられる。後に「前9年の役」と歴史に記される戦いへと時は流れる。(講談社文庫)


黄金の輝きが招いた戦乱を制した安倍頼良・貞任父子だが朝廷は源氏の総帥源頼義を陸奥守(むつのかみ)として任命した。安倍一族と源氏の永い宿命の戦いがいま始まる。朝廷側に身を置きながらも、蝦夷たちの真実に触れ、藤原経清(つねきよ)はもののふの心を揺さぶられる。後に「前9年の役」と歴史に記される戦いへと時は流れる。

製品情報

製品名 炎立つ 弐 燃える北天
著者名 著:高橋 克彦
発売日 1995年09月06日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-185764-3
判型 A6
ページ数 408ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年2月、日本放送出版協会より刊行。

オンライン書店で見る