かの子撩乱その後

講談社文庫
カノコリョウランソノゴ
著:瀬戸内 晴美(寂聴) その他:宮田 雅之 その他:岸 顯樹郎 デザイン:菊地 信義
  • 電子あり
かの子撩乱その後
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

またとない理解者一平を夫に得、才能豊かな太郎を子として産み、恒松安夫や新田亀三を崇拝者として同居させながら、かの子はいつでも孤独感にさいなまれていた。人並外れた激情の作家を支え、大輪の花と咲かせた家族と恋人たちを鮮やかに描く、伝記的小説とエッセイ集。不滅の名作『かの子撩乱』の姉妹編。

目次

  • I
  • 岡本かの子伝
  • II
  • 大貫晶川ノート
  • 堀切茂雄ノート
  • 藤田啾漣のこと
  • かの子と仏教とわたし
  • III
  • かの子の歌
  • 一平全集の語るもの
  • これがポイント
  • ある文学碑
  • はじめての戯曲
  • 恋の始末
  • 風もなきに
  • 法事撩乱
  • 永遠の命
  • 年譜

製品情報

製品名 かの子撩乱その後
著者名 著:瀬戸内 晴美(寂聴) その他:宮田 雅之 その他:岸 顯樹郎 デザイン:菊地 信義
発売日 1993年12月27日
価格 定価 : 本体388円(税別)
ISBN 978-4-06-185578-6
判型 A6
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1978年7月冬樹社刊行

オンライン書店で見る