はやぶさ新八御用帳(二) 江戸の海賊

講談社文庫
ハヤブサシンパチゴヨウチョウ2エドノカイゾク
はやぶさ新八御用帳(二) 江戸の海賊
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本所、深川の水路に跳梁し、大藩の御用船を襲う盗賊団、船幽霊とは何者? 町奉行所同心高丸龍平と共に、海賊の謎を追う新八郎。桜まつりの飛鳥山で不審な上臈が刺殺され、続いて起こる非情な殺人。幸せを願う哀しい女心。遂に姿を現わした意外な賊。南町奉行根岸肥前守とその配下達の、必死の探索を描く長編。(講談社文庫)


本所、深川の水路に跳梁し、大藩の御用船を襲う盗賊団、船幽霊とは何者?町奉行所同心高丸龍平と共に、海賊の謎を追う新八郎。桜まつりの飛鳥山で不審な上臈が刺殺され、続いて起こる非情な殺人。幸せを願う哀しい女心。遂に姿を現わした意外な賊。南町奉行根岸肥前守とその配下達の、必死の探索を描く長編。

目次

  • 緋桜小町
  • 仙台堀
  • 海手屋
  • 恋人
  • 滝のある家
  • 竹の市
  • 湊屋襲撃
  • 袖ケ浦
  • 音無川
  • 消える
  • 板倉屋
  • 女心
  • 阿伽様
  • 終焉

製品情報

製品名 はやぶさ新八御用帳(二) 江戸の海賊
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 1993年09月02日
価格 定価 : 本体560円(税別)
ISBN 978-4-06-185492-5
判型 A6
ページ数 298ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’89年12月講談社刊